知的生産ブログ


 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
海老に関するメニュー偽装に関する報道は、芝エビとバナエイエビを食べ比べて、

 食べ比べたら分かるよね、でも単品で出されたら分からないよね

というオチがつくのが、常である。

すなわち、「比較せよ」。比較しなければ、分からない。

関連:
井上 真琴 : 図書館に訊け (ちくま新書, 2004) p.91.

 作家の林望氏が口を酸っぱくして言うことがある。「ものというのはいくらどれほどの注意力を込めてにらんでも何もわからない。けれども、二つを並べて比べてみると、ちょっとした努力でものの本質がわかってくることが知れる」(林望×紀田順一郎×荒俣宏「書誌学の思想」、紀田順一郎・荒俣宏著『コンピューターの宇宙誌』ジャストシステム、一九九三)

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
岡倉覚三 : 茶の本 (岩波文庫, 1961) p.48.

真理は反対なものを会得することによってのみ達せられる。


エリヤフ・ゴールドラット=著,三本木 亮=訳: ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな! (ダイヤモンド社, 2008) p.198.

そして、そういう時にこそ『ものごとは、そもそもシンプルである』という考えが役にたつんだ。どんどん掘り下げていくと、原因は収束していく。収束とは根本的な原因には一つの結果だけではなく、複数の結果が伴うということを意味する。つまり、『ものごとは、そもそもシンプルである』を信じることができれば、どんな原因にも、それに伴って、少なくとも二つ異なる結果が生じていると思って間違いない

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
(我々|私は、) 分母を無視しがちだ。前提を無視しがちだ。

あるいは、前提が存在していることを無視しがちだ。

前提のひとつに、その問題に着目した(アジェンダ(議題)として設定した)ことがある。

ダニエル・ブアスティン=著, 鈴木 主税, 野中 邦子=訳 : 本はいつごろから作られたか
(集英社文庫, 1991)
p.253.

 伝説によると、アレクサンドリアを征服したムスリムのアムル・ブン・アルアース(六六三年没)は、六四二年にアレクサンドリアに入城したとき、カリフのウマル一世(五八一頃‐六四四年)に、アレクサンドリア図書館の蔵書をどう処分したらよいかをたずねた。すると、このカリフは答えた。
「本の内容が神の書と一致するものなら、必要ではないし、一致しないなら望ましくない。したがって、すべて廃棄せよ」


カリフが設定した前提は、神の書とアレクサンドリア図書館の蔵書を、完全に同列に見なしたことである。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
(1) 取り掛かり期: 「似た問題を知っているか」 既に実施された知的作業がないか調べる

(2) 中間期: 情報源は複数あるか。一つの情報だけに従っていないか。

(3) 仕上げ期: 「結果をためすことができるか」

関連:
(1)(3)
G. ポリア=著, 柿内 賢信=訳 : いかにして問題をとくか (丸善, 1975)

(2) 都合の良い情報に飛びつくという失敗

物事をシンプルにするもの
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
A を変化させるには、A=B-C と捉え、

・B を減らすか、
・C を増やすか、
・C/B を増やす

こと。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。