知的生産ブログ


 
 

TS330616.jpg

わたしは机の正面の壁に3ヶ月ぶんのカレンダーを貼っている。

以下を参考にした。

池波 正太郎 : 男の作法 (新潮文庫, 1984) pp.97-98.

>毎日暮らしている分のは日程表を三カ月間単位でつけておく。三枚の日程表を持って、たとえば五月・六月・七月と並べて一覧できるようにしておくわけです。一枚一枚めくって見ると、仕事のボリュームが感覚的につかめないんだ。翌月、翌々月まで、地図を見るように、一目でつかめるようにしておく。そして少なくとも三カ月先を見越した上で、現在の時間をつかって行く。
「すべて前もって前もって……」
 と、事を進めて行くことが時間のつかいかたの根本なんだよ。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/83-564881c8

新しいトラックバックほど上に表示されます。