知的生産ブログ


 
 

> 印象的だったのは「作品は作ってしまえば自分の手を離れる。あとはお客さんが決めること。お前は意識していない部分を発見してくれるかもしれない。とにかく、表に出してみるべきだ」と言われたこと。自分の「足りなさ」ばかりが不安だった私ですが、「それも含めて今の自分だ」と思うようになり「お客さんに見られるものだ」との意識も芽生えました。


学びのふるさと 「作品は作れば自分の手を離れる」大学時代に指導を受けた恩師の言葉 アニメーション作家 加藤 久仁生さん 殻にこもらず外の世界へ (日本経済新聞, 2009/ 3/12) 夕刊 9面 *.
管理用メモ:
* クリアブック N02-31A %%A%%20090315101304
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/66-83882efc

新しいトラックバックほど上に表示されます。