知的生産ブログ


 
 

1. 類型的行動――ひとまとまりの行動
2. 状況――いつ、どこで、どんな事情・原因のもとにおける行動であるか
3. 主体――誰が、何が
4. 対象――誰を、誰に、何を、何に
5. 手段方法
6. 目的
7. 結果

以下を参考した:
川喜田 二郎 : 発想法―創造性開発のために (中公新書, 2008) pp.38-39.
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/34-28f3ef0a

新しいトラックバックほど上に表示されます。