知的生産ブログ


 
 

我々は、自然には、限られた方向からしか物事を見られず 見落としが生じる「単眼」しか持たない。現物を目の前にして、「単眼」は、あまり移動しない。

物事を多角的に見るためには、〈「単眼」の座〉を、人工的に予め作っておかねばならない。「単眼」を、強制的に移動させるのだ。

〈「単眼」の座〉は、現物を目の前に、瞬時には、作れない。

一旦、現物から距離をとって俯瞰して、原因推定など、思考を拡散させて、〈「単眼」の座〉を人工的にたくさん作るのだ。

たくさんの〈「単眼」の座〉からの視野は、予めの原因推定の正否だけではなく、予め思いついていなかった真の原因へと思考を導く。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
いかなる現実的な知覚よりも前に、心のうちにアプリオリなものとして存在していなければならない
http://takagi1.net/eye/archives/35

2015.02.08 08:36 URL | TAKAGI-1 (admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/251-3f9275b0

新しいトラックバックほど上に表示されます。