知的生産ブログ


 
 

プレゼン中に舞い上がってしまい、ただ練習で憶えた内容を話すだけのテープレコーダのようになってしまう場合がある。

これは、経過時間を知って、プレゼン進捗の具合に速い/遅いの判断をし、進捗を調整するという思考によって、防ぐことができる。

この思考を頭の中に引き起こすように、経過時間が分かる算段を整えておこう。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/229-768c67cc

新しいトラックバックほど上に表示されます。