知的生産ブログ


 
 

LAMY サファリ スケルトン 万年筆(EF) スチールペン先 L12-EF


LAMY サファリ チャコールが、ある日、行方不明になったので(後日、見つかりました)、そのような場合の予備として購入しました。どんな色のインクを入れても違和感がないボディ色として、スケルトンを選びました。

なお、後に、青色ボディーの LAMY サファリのインクを古典ブルーブラックに変更してから、スケルトンは青インク入りとして、通常使用しています。

さて、スケルトン。透明であることを保ちつつ加工するのが難しいのか、軸の平面部分と筒状部分の境目のエッジが立っていました。つまり、エッジが十分に丸み処理されておらず、指の腹の痛覚が反応してしまうのです。

そこで、電子工作用のヤスリでエッジを自分で削り落として、使いやすくしました。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/223-a9673a48

新しいトラックバックほど上に表示されます。