知的生産ブログ


 
 

画像に加えられた文字と矢印が、画像を鮮やかにすることに気づいた。

文字と矢印は、画像を中心とした情報の構造を表現する。だから、脳が情報の構造の中心として、画像を価値が高いものだと判断し、それが画像を鮮やかに感じることにつながる、ということなのだろうか。

あるいは、文字と矢印が、脳に画像の理解作業を行うよう誘導し、その理解作業の過程において理解対象が鮮やかに感じられる、ということなのだろうか。

とにかく、私は、画像に加えられた文字と矢印が、画像を鮮やかにすると考えている。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/206-2079e7cf

新しいトラックバックほど上に表示されます。