知的生産ブログ


 
 

大熊 康之 : 軍事システムエンジニアリング―イージスからネットワーク中心の戦闘まで、いかにシステムコンセプトは創出されたか (かや書房, 2006)

p.32.

 MCP (Mission Capability Package) [:任務遂行能力パッケージ]は、システム開発を含め事業、業務等に着手するに当たって考慮すべき要件を検討する上で有用な考え方である。MCPは所定の専門的(知識・技術の)レベルを満たす下記の5項目から成る。
(1) Concept of Operations (CONOPS、運用概念)
(2) Command Approach (指揮の方策)
(3) Organization (組織)
(4) System (システム)
(5) People (人)

p.33.

MCPは、...能力中心における任務遂行能力を具体的に意味するものとしてDOTMLPFという7要件によって捉えられている。

p.27

DOTMLPF(

Doctrine〈ドクトリン〉,
Organization〈組織〉,
Training〈訓練〉,
Materiel〈資材〉,
Leadership and Education〈リーダーシップ及び教育〉,
Personnel〈人事〉 and
Facilities〈施設〉

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/196-2500b169

新しいトラックバックほど上に表示されます。