知的生産ブログ


 
 

2011/ 2/20放送のYTV「たかじんのそこまで言って委員会」における、近々に富士山噴火の可能性があることを話す 木村 政昭 琉球大学名誉教授に対する 武田 邦彦 中部大学教授の質問:

(1) 火山の規模に大小があっても、現象から噴火までのタイムラグはおよそ35年で同じなのか?

(2) 現象があっても、噴火が起こらなかった例はないのか? 他の火山でも同様の傾向があるのか?

Twitter 2011/ 2/20 3:21pm


武田教授の質問行動を一般化すると以下のようになると私は考えます。

(1) 数字を支える体系を質す。数字を起点に、仮説(メカニズムの仮説)を聞き出す。

(2) 命題が真である確率とその統計的根拠を質す。もし、相手が真の命題(100%真)だと主張するならば、反証を試みる。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
世界は単純である
http://chiq.blog116.fc2.com/blog-entry-64.html

2011.02.22 06:51 URL | TAKAGI-1(Admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/189-270a0d35

新しいトラックバックほど上に表示されます。