知的生産ブログ


 
 

弁証法の過程を踏むこと。即ち、正・反・合の各要素を書くこと。

「ある部品Aが機械Bの運転条件Cにおいて、正常に機能を果たさなかったので、部品Aを機械Bにおいて使用禁止にする」。これだけの記述だけでは不十分である。

上記は、すなわち、いわば 反すなわち結論 である。

正と合が、無い。

「部品Aは、運転条件Dでは、正常に機能を果たした」。これは、正である。

「部品Aは、機械Bで、運転条件Cがある場合において、使用禁止にする。(条件Cがある場合には、部品Eを使用すること)」。あるいは
「運転条件Dでは、部品Aを使用できる。しかし、運転条件Cでも使用できる部品Eが、部品Aと価格差がないので、機械Aでは、部品Aではなく部品Eを使用すること」。これらは、合である。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/181-3c8a276b

新しいトラックバックほど上に表示されます。