知的生産ブログ


 
 

伝わる文章は、

1. 辺境を開拓する者に後方連絡線を与え、

2. 普通において生まれる者に前方連絡線を与え、

3. 人類に進歩の道を開く。

1. 辺境を開拓する者に後方連絡線を与える


辺境を開拓者は孤独である。そして、時に、孤独が判断を誤らせる場合がある。それを防ぐ手立てを自ら高じる必要がある。

戸部 良一, 寺本 義也, 鎌田 伸一, 杉之尾 孝生, 村井 友秀, 野中 郁次郎 : 失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫, 1991) p.210.

> では一体なぜ栗田長官はこの最終的な反転を決意したのであろうか。それは次のような判断によるものであった。

(1) 基地航空隊の協力が得られず、また通信不達のため小沢艦隊の牽制効果も明らかでなく、自分たちだけが孤立して戦っている。


2. 普通において生まれる者に前方連絡線を与える


「学習の高速道路」論に関連する。

なお、「普通」という言葉は、辺境に対する語として用いた。中央と書くと辺境よりも勝っている感がある。平凡と書くとポテンシャルがなさそうな気がするから。普通には、その後に変容して普通でなくなるという期待が感じられる。

上遠野 浩平 : ブギーポップは笑わない (電撃文庫, 2008) p.112

>普通というのは、そのまま放っておいたらずーっとそのままだということだ。だからそれが嫌なら、どこかで普通でなくならなければならない。


3. 人類に進歩の道を開く


人間が一生かけても、その分野の先端にたどり着けないならば、その分野をそれ以上に発展させることはできない。低いコストで伝わるようにすれば、若い頭脳によって活力をもって学問を発展させることができる。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/17-c981e581

新しいトラックバックほど上に表示されます。