知的生産ブログ


 
 

● モジュールをつくる

 1単位の文章において、複数の主張をしない。


● 構造をつくる

 文章全体における各モジュールの位置づけを明確する。

 主たる論が最優先である。論が脱線したら、脱線部(気の利いた表現を思いついた時などに発生する)は別の文章にする。現在の技術を用いれば、いくら短い文章でも公開できる。


● 読み間違いを起こりえなくする――別の言語に誤訳されない書き方を意識する

 複数の意味にとれる語を使わない。

 助詞の使い方に気をつける。目的語を指す「を」に対して日常表現では「が」をあてる場合があるが、「を」を使用する。

 主語述語の関係に関し、読み間違いが起こりえない文章を書く。工夫 : 読点「、」の打つ。文を分割する。

 否定の範囲に関し、読み間違いが起こりえない文章を書く。工夫 : 否定語を使わず、反対語を使う。


本エントリーは、2009/ 1/ 3未明にざっと書いたものです。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/140-5a3b05f0

新しいトラックバックほど上に表示されます。