知的生産ブログ


 
 

妹尾 堅一郎 : 技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか―画期的な新製品が惨敗する理由 (ダイヤモンド社, 2009) p.378.

>知の新領域の創出には全部で六つの理念型が考えられるでしょう(...)。

● アドバンスト (先端知) [:既存分野知の発展]
● インター (学際知) [:他分野の知を利用]
● ニッチ (間隙知) [:分野間の未開拓領域の知を整備]
● フュージョン (融合知) [:他分野の知との融合]
● トランス (横断知) [:既存の分野分けによらずに括る。つまみ食い]
● メタ (上位知/俯瞰知) [:分野に依存しない一般化]

[ ]内はブログ管理人による解釈。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/130-e76a5c71

新しいトラックバックほど上に表示されます。