知的生産ブログ


 
 

「現実に合わせる」ということは、強力な簡易解法(ヒュリスティクス)である。

しかし、より正しい(ほとんど完璧に近い)解を得るならば、「真に合わせる」必要がある。

現実は、真+誤差である。

現実から真を得るためには、誤差を打ち消す演算が必要である。

すなわち、同一条件下における取得値の平均計算、または時間変動値に対する移動平均計算(バンドパスフィルタの適用)である。

ここにおいて問題になるのは、以下である。

・平均値を計算する元になる取得値の数(いわゆるN数)。
・取得値群内の外れ値に対する扱い。

・移動平均幅の選択(バンドパスフィルタのパス周波数の選択)。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://chiq.blog116.fc2.com/tb.php/108-e0884c10

新しいトラックバックほど上に表示されます。