FC2ブログ

知的生産ブログ


 
 

森 有正 : 生きることと考えること (講談社現代新書, 1970) p.195.

日本語には判断をさしひかえる形が、言語構造そのものの中に多すぎる。そのために客観的な認識というものが発達しないのです。

スポンサーサイト



 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク