知的生産ブログ


 
 

海老に関するメニュー偽装に関する報道は、芝エビとバナエイエビを食べ比べて、

 食べ比べたら分かるよね、でも単品で出されたら分からないよね

というオチがつくのが、常である。

すなわち、「比較せよ」。比較しなければ、分からない。

関連:
井上 真琴 : 図書館に訊け (ちくま新書, 2004) p.91.

 作家の林望氏が口を酸っぱくして言うことがある。「ものというのはいくらどれほどの注意力を込めてにらんでも何もわからない。けれども、二つを並べて比べてみると、ちょっとした努力でものの本質がわかってくることが知れる」(林望×紀田順一郎×荒俣宏「書誌学の思想」、紀田順一郎・荒俣宏著『コンピューターの宇宙誌』ジャストシステム、一九九三)

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク