知的生産ブログ


 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
神永 正博 : 不透明な時代を見抜く「統計思考力」 (ディスカバー・トゥエンティーワン, 2009) p.126.

  典型的な「べき分布」にしたがうデータは、極端な値を含んでいる可能性が高い


神永 正博 : 不透明な時代を見抜く「統計思考力」 (ディスカバー・トゥエンティーワン, 2009) p.171.

  べき分布と正規分布の最大の違いは、平均や分散が存在しないことがあることです。

 つまり、定義に基づいて平均や分散を計算すると、値が無限大になったり、一つに定まらなくなってしまう、というようなことが起きるのです。
 また、平均だけ存在して分散が存在しないということもあります。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
画像に加えられた文字と矢印が、画像を鮮やかにすることに気づいた。

文字と矢印は、画像を中心とした情報の構造を表現する。だから、脳が情報の構造の中心として、画像を価値が高いものだと判断し、それが画像を鮮やかに感じることにつながる、ということなのだろうか。

あるいは、文字と矢印が、脳に画像の理解作業を行うよう誘導し、その理解作業の過程において理解対象が鮮やかに感じられる、ということなのだろうか。

とにかく、私は、画像に加えられた文字と矢印が、画像を鮮やかにすると考えている。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。