知的生産ブログ


 
 

司馬 遼太郎 : 坂の上の雲 4 (文春文庫, 1999) pp.268-269.

>児玉は卓上に小紙片を置き、
「いまから命令案を伝える。それを筆記し、総司令官閣下のご裁決をうけよ」
と、いった。
 児玉は、口述した。
「敵ハ、渾河ノ左岸ニ集結シツツアリ」
と、まず敵情を言い、つぎに総司令官の決心をいった。
「我ハ、敵ノ全ク集合ヲオワザル前、コレヲ撃破セントス」
 それが骨子である。この骨子に状況判断その他をつけくわえて総司令官のご認可を得よ、と児玉は命じた。


● 事態の緊急性

● 指揮者の決意

● 細目
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
梅田 望夫 : シリコンバレー精神 ――グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫, 2006) p.300.

> でもあえて判断と断定にこだわったのは、考えたことを行動に結び付けるには、どうしてもそれが必要だったからだ。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク