知的生産ブログ


 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
私が考えるに、

考えを構造化するとは、料理の材料を分類し *、レシピをつくることにあたる。

 * 「しょうゆ」と「ソース」、「キャベツ」と「白菜」は別の物だという認識を、料理を教える側・教わる側で共有する。

分類された料理の材料とレシピによって、おいしい料理の作り方を理解し、おいしい料理を再現することができる。

対して、秘伝のタレでは、作り方を理解し、再現することはできない。

即ち、構造化された考えは、理解されやすく、再現性があるという性質をもつ。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
文章の本文について書き方を書いた文章は数多ある。しかし、導入部について書き方を書いた文章はほとんどない。

今回、導入部の書き方を解説した文章を見つけたので、まとめた。


● 導入部に書くべきことは何か


照屋 華子 : ロジカル・ライティング 論理的に考え、伝えるための3つの鍵を身につける, 一流の思考力 (Think! 別冊 No.1), 2008/10, pp.90-99.
p.96.

>答え以外の、テーマ、期待する反応、伝え手、受け手は、「何について何のために誰が誰に向けて」伝えるのか、というコミュニケーションの設定である。導入部とは、説明の冒頭で相手にコミュニケーションの設定を十分納得してもらい、答え(本論)の論理へと導き、期待する反応を引き出す、という役割を担うものだ。相手にコミュニケーションの土俵に上がってもらうためになくてはならないものが導入部だ。


上記文章が挙げる導入部に書くべきことを、私なりに解釈して列記する。

1. テーマ

読み手に「ああ、例の件だな」と想起させる。

2. 期待する反応

露骨には、本論の主張を採った場合のメリットを述べる。

控えめには、本論を何に活かして欲しいのかについて述べる (例: 「○○について議論する際の参考資料として、ご一読願います」)。

3. 伝え手

なぜ自分が情報の発信者なのか、について述べる。

4. 受け手

なぜあなたに読んでもらいたいのか、について述べる。

5. 本論の読む前に、予め読み手が把握すべきこと

本論の位置づけを述べる(たたき台なのか、最終案なのか、等)。

本論の情報源を述べる(例: 「内容は、○○へのヒアリングに基づくものです」)。


● 典型的な導入部に「書くべきこと」はどのように入れられているか


○ 学術論文の緒言

学術論文の緒言に書かれる
テーマに関する科学の発展の歴史 は、1. テーマ にあたり、
既往論文の問題点の指摘は、「この論文の内容を採択すれば問題点を解決できるメリットがある」という 2. 期待する反応 にあたる。

○ 状況・複雑化・疑問型の導入部

「AはBである。(=S, 状況)
BにはCな問題がある。(=C, 複雑化)
Cな問題について説明する。[=Cな問題の理由は何か?](=Q, 疑問)
」という導入部
について考えると、
全体が 1. テーマ にあたり、
「BにはCな問題がある。Cな問題について説明する。」が、「この文章の内容を採択すれば C という問題点を解決できるメリットがある」という 2. 期待する反応 にあたる。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「本当の」と言うと、なんだかこれまで話してきたことが嘘のように思える。

そのような場合には「真水の」と言ったらよい。

「真水の」は、「見かけの」の反対語である。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「A (B) 」と書いた場合には、

 ・「 A でも B でも」
 ・「 A ただし B に限る (英語の関係代名詞 制限用法にあたる)」
 ・「 A、これはBである (英語の関係代名詞 非制限用法にあたる)」

と複数の意味にとられてしまう。

・「 A でも B でも」は、「A (B)」
・「 A ただし B に限る」は、「A (ただし、B)」
・「 A、これは B である」は、「A (B)」


のように、書き分けるほうが良い。

発想の元:
私の実家の電子レンジのボタンには、

  レンジ
  (発酵)

と書いてある。

「レンジ(温め)機能」と「発酵機能」のどちらを使う場合にでも押すべきボタンなのだが、「発酵目的に限ったレンジ機能」を使うためのボタンに読めてしまう。

  レンジ
  (・発酵)

と書くべきだと考える。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
新入社員が書いた実験報告書を見て欲しいと持ってきたので、どれどれと指摘したことをあげる。

構成


●「まとめ」を冒頭に書くこと。

● 本文と添付など構成を工夫して、重要な情報を文章全体の前部に集中させること。

書くこと


● 結論を言語化して「まとめ」に明記すること。

実験の結果を一文で表現する。

● 実験の結果を受けて、今後どうすべきなのかを「まとめ」に書くこと。

PDCA の A:Action。

● 実験結果から「まとめ」への論理を書くこと。

考察にあたる。言わずもがなにしない。

● 結果の分布を表わす図表を載せること。

分布を表わす図表を載せることによって、結果の信頼性を読み手に正当に判断させる。

関連:
都合の良い情報に飛びつくという失敗

● 実験を実際にして、得られた知見を書くこと。

作業者の意見など。

文章表現


● 長い文は短くすること。

関連:
各文は長すぎないか

● 並列関係にある文は、箇条書き表現の採用を考えること。

図・表


● 図表の説明を一文でもいいから書くこと。

図表だけを載せない。もし参考資料ならば、参考資料であると明示し、そのように明確に位置づける。

関連:
なんらかのデータを示すならば

若松 義人 : トヨタ式「スピード問題解決」 (PHPビジネス新書, 2008) p.82.

>同じものを見ても、目的が違うと見え方が違うわけだ。


● 行見出し或いは列見出しが同じ複数の表を、一つにまとめることを考えること。

● 表のセルの内容は、行あるいは列方向に統一感をもたせた表記にすること。

例えば、「ガスが漏れた圧力 (MPa)」として、「20」,「30MPaでも漏れなかった」,……という数字・文字混在ではなく、「20」,「30+」,…… として数字表記に統一する("+"の意味は、表に付記する)。

関連:
スタイルの統一性は、論の流れと一貫性を強調する効果がある
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
3次元強度解析などの結果のコンター図において、ある範囲が、まんべんなくおおよそ同じ値が表現されている場合に、その範囲において大小があるパラメータ x * は、結果に影響がない。

  * たとえば、複雑な形状における、コンター図垂直方向の厚み。

コンター図に表わした量を解析ではなく、計算式を用いて推測しようとする場合に、パラメータ x が含まれる計算式を用いてはいけない。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「表現」に関する投稿は、2010年 1月 8日以前において、こちらのブログに投稿していました。

Blog 一番星 カテゴリー「簡潔な表現」
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
● モジュールをつくる

 1単位の文章において、複数の主張をしない。


● 構造をつくる

 文章全体における各モジュールの位置づけを明確する。

 主たる論が最優先である。論が脱線したら、脱線部(気の利いた表現を思いついた時などに発生する)は別の文章にする。現在の技術を用いれば、いくら短い文章でも公開できる。


● 読み間違いを起こりえなくする――別の言語に誤訳されない書き方を意識する

 複数の意味にとれる語を使わない。

 助詞の使い方に気をつける。目的語を指す「を」に対して日常表現では「が」をあてる場合があるが、「を」を使用する。

 主語述語の関係に関し、読み間違いが起こりえない文章を書く。工夫 : 読点「、」の打つ。文を分割する。

 否定の範囲に関し、読み間違いが起こりえない文章を書く。工夫 : 否定語を使わず、反対語を使う。


本エントリーは、2009/ 1/ 3未明にざっと書いたものです。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。