知的生産ブログ


 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
山本 七平「「空気」の研究」中川 淳一郎「ウェブはバカと暇人のもの」では、問題行動として感情移入を捉えていた

感情移入(=共感)が非論理につながる機序(:メカニズム)に関して、岸田 一隆「科学コミュニケーション――理科の〈考え方〉をひらく」に記述がある。また、関係する、非論理を生む人間がもつ性質として"刺激等価性"が挙げられている:

岸田 一隆 : 科学コミュニケーション――理科の〈考え方〉をひらく (平凡社新書, 2011) pp.113-114.

 確率を苦手とするもう一つの理由は、先ほどから述べている、共感性の強さです。私たちは大事件や大事故や大災害の様子を報道などで目の当たりにします。すると、私たちはそれを自分の身の回りで起きたことのように共感してしまいます。...

 私たちには、確率的に起こりやすいことと起こりにくいことの区別が難しいのです。極端に言うと、どれも「同程度に起こりうる」ように思ってしまいます。確率は同じなのだから、被害が大きいリスクの方を恐れることになります。こうした心の働きは実に非論理的です。そして、それは人間の「刺激等価性」という心理現象と関係しています。

...

 人間以外の動物にはほとんど見られない人間特有の心理現象に「刺激等価性」というものがあります。「AならばB」という論理を学習すると、ほぼ自動的に「BならばA」という関係を結論するという現象です。


言い換えるならば、人間は頭の中に、「AならばB」ならば「BならばA」だと結論する、非論理的な思考回路(サブルーチン)をもっており、感情移入(=共感)の際には、その思考回路が何度も何度も使用される(そのサブルーチンが何度も何度もコールされる)。

「AならばB」ならば「BならばA」だと結論する誤りは、"ミクロな誤り"(要素の誤り)であり、それが使われて得られる、個別と一般の確率を同じだと認識してしまう誤りは、"マクロな誤り"(全体現象に表れた誤り)だと位置づけることができる。

以上から導かれる、肝に銘じるべきこと

・「AならばB」であっても、「BならばA」ではない。

・個別(確率が低い)と一般(確率が高い)を、切り分けて考えること。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
質問の全体を示さず、相手にニ者択一を迫る小質問を単に繰り返すことによって結論を得ようとする方法は、生産的ではない。

なぜならば、二者択一の連続による解は、小質問のどのような順番で並べるかによって変化し、最適解ではないからだ。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
理由なく事をするな。理由を求めよ。理由を言えないのなら、それは『空気』に操られているのではないか。

猪瀬 直樹 : 空気と戦争 (文春新書, 2007) pp.158-159.

>評論家山本七平『「空気」の研究』(文春文庫)の一節を思い出した。

 山本は戦艦大和をめぐる軍人の無責任な意思決定の本質を「空気」と捉え、こう論じている。

 「『空気』とはまことに大きな絶対権をもった妖怪である。一種の『超能力』かも知れない。何しろ、専門家ぞろいの海軍の首脳に、『作戦として形をなさない』ことが『明白な事実』であることを、強行させ、後になると、その最高責任者が、なぜそれを行ったかを一言も説明できないような状態に落とし込んでしまうのだから、スプーンが曲がるの比ではない。こうなると、統計も資料も分析も、またそれに類する科学的手段や論理的論証も、一切は無駄であって、そういうものをいかに精緻に組み立てておいても、いざというときは、それら一切消しとんで、すべてが『空気』に決定されることになるかも知れぬ。」

※太字はブログ書き手による。

上阪 徹 : 600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書, 2009) p.166.

>「... どうして引っ越しパーティをやるのか、と聞いたら、社員の誰も答えられないんですよ。お客さまを招いて、料理をふるまって、というのは決まっていた。でも、目的がないわけです。危ないんですね。ぼやぼやっとしていると、すぐに手段と目的が入れ替わってしまう」
 お披露目パーティだった。だが何のためのお披露目なのか、を佐野は社員に厳しく問うたのだ。


関連:
質問による失敗防止

物が欲しければ

逆説的関連:
因果関係のヒューリスティクスの例
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
岩田 宗之 : 議論のルールブック (新潮新書, 2007) p.110.

>自分の外の世界をより正確に知るために観察と推測を繰り返すという態度を、客観的な態度といいます。


Samuel Smiles=著, 竹内 均=訳 : 自助論 (三笠書房 知的生きかた文庫, 2002) p.52

> あのニュートンのごとき天才でさえ、「目の前には手も触れられていない真理の大海原が横たわっているが、私はその浜辺で貝がらを拾い集めているにすぎない」と語っている。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
答えを得る緊急性が低い場合に、根拠が希薄であるにも関わらず、無理に答えを導き出すのは良くない。

根拠が希薄である場合に、「判断できない」という答えは、論理的である。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。