FC2ブログ

知的生産ブログ


 
 

引用は、意味を持つ言語である。

意味をもつ言葉は、概念をつなぐ。遠く離れた概念をつなぐ行為が、思考だ。よって、意味をもつ言葉は、思考のピース、レゴブロックのようなものなのだ。

いろいろなレゴブロックをもっていれば、いろいろな形を形づくれるし、何より早く作れる。

よって、引用の元になる読書は、思考をドライブする。

メカニズム(機序):
スポンサーサイト



 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
森 博嗣 : 人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮社, 2013 〈底本は新潮新書(2013)〉) 位置No. 92/2177.

そこで、みんなに尋ねてみる。貴方は、どんな証拠に基づいて発言しているのか、と。すると、ほとんどの人は、なにも知らないようなのだ(僕よりも知らない場合が多かった)。知っているつもりになっている人でも、詳しくきいてみると、知識は受け売りだったり、根拠となる資料が一方的なものだけだったりする。


だから、ちゃんと調べると、相当に強い立場になれる。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
アウトプットの鍵は、アウトプット目的レベルのインプットです。

東大生が教える「文章がスラスラ書ける」凄ワザ(2/6) | 東洋経済オンライン

「アウトプットのためのインプット」ができていないから、アウトプットすることが難しくなってしまうのです。


必要なのは、...。「アウトプットのためのインプット」です。

例えば誰かの話を聞いたり、ニュースを見たり、本を読んだりする中で、「誰かに話したいな」と思う情報を得ることってありますよね??「ノートルダム大聖堂が燃えてる!??早く友達に知らせなきゃ!」って感じです。

このとき、人は自分が理解・納得する以上の目的を持って情報を吸収しています。つまり、「誰かに話せるレベルまで情報を得る」ということです。アウトプットが前提になっているから、そもそも聞く姿勢も違う。話を聞くときもニュースを見るときも本を読むときも、「あとで自分が話すときがくる!」という意識をもってインプットすることになるのです。

そういう「アウトプットが前提になっているインプット」ができて初めて、得られる情報があるのです。



質を目的にした、量×「量が質に転化する」

インプットの量の先には、質があるべきです。

知的ネット社会 TAKAGI-1 みくすと 火曜版 2010/12/14

RT @busgasexplosion: アウトプットができなくなったら、300倍のインプットだろ。書けなくなったら読む。歌えなくなったら聴く。


産経新聞への寄稿: 「量が質に転化する瞬間」 - My Life Between Silicon Valley and Japan
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
香川 愛生 : 職業、女流棋士 (マイナビ新書, 2018) p.104.

人間はことばを通じて、線の観点で理解を試みることが多いです。




ジェラルド・M.ワインバーグ=著, 伊豆 真弓=訳 : ワインバーグの文章読本 (翔泳社, 2007) p.40.

コツは集めて集めて集めまくること。それも必要に迫られる前にだ。


小さな記憶を外部化する | 無窮の知的生産
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク

何故敬遠しなかったか?日本語版(2/3) WBC2009 イチローvsイムチャンヨン - YouTube 2009年12月22日放送 TBS「カリスマ白書Ⅱ」。
韓国人はイチローに勝つことが勝利だと信じているのです

仮にイチローを抑えたとしても、その後試合に負けたら意味がないのにも関わらずです。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク